転職するなら新進の企業へ!

スタートアップ企業への転職に見る、期待と不安と注意点

転職ではスキルのマッチングが欠かせない

スタートアップ企業へ転職することを望むエンジニアは大志を抱いていることがよくあります。
それまで培ってきたスキルを生かしつつ、企業を成長させるのに貢献して、成功に導く一員となるのはやりがいのある仕事でしょう。成功を目指す気概の高さはスタートアップ企業へ転職するエンジニアに共通する特徴です。

ただし、現場に出てきたときに成功するか失敗するかも大きく二分されます。スタートアップ企業では現場の人員の数が少ないのが一般的です。人件費をできる限り節約しなければならない状況にある場合も多く、コストのかかるエンジニアは特に人数が少なめになっているでしょう。
そのため、仕事の責任の重さが甚大になる場合もあり、また有能な人材でなければなかなか転職に成功しないかもしれません。

しかし、有能と思われて採用されてみたものの、現場で活躍できずに苦悩する人もいるのが実情です。
これはスキルのマッチングがうまくいっていなかったからであり、現場で必要とされるスキルがを持たないで転職してしまったために起こっています。転職の際に新しい職場で学ぼうという考え方を持つ人もいますが、スタートアップ企業へ転職する場合にはそれでは十分とは言えないのが通常です。
必要なのはまさに、すぐに必要なスキルを持っている人材であり、スキルのマッチングを重視して転職することが転職成功につなげるためには必要なことだと言えます。即戦力の考え方が重要になっているのかもしれません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です